40年前の今日を旅する…フォーティ・イヤーズ・アゴーゴー

  1. 産業
  2. 24 view

月賦百貨店の株式会社緑屋が改名「ams西武」に。

店名変更は古い月賦店のイメージを一掃するのがねらい。緑屋は社名を8月から「西武クレジット」に変えることをすでに決めており、店名の変更で、西武流通グループの旗印をはっきりと掲げることになる。77年に「赤いクレジット」で先行したライバルの丸井に追随する措置となった。
月賦百貨店とは、ルーツは「椀船」(漆器等の割賦販売)である。1921年に初めて店舗を構えた丸共合資商会も、椀船の行商隊をその母体としている。大正から昭和にかけて、相次いで店舗が立ち並んだ。その後太平洋戦争下の戦時商業統制の対象となりいったんは途切れたものの、戦後のインフレ、統制が一段落するのにあわせ、再び姿を現す。そして昭和40年代には絶頂期を迎えることとなる。
・多彩な品揃えの商品
・割賦販売
・店頭で販売、資金回収
といった特徴を持つ月賦百貨店は、「高価な物は欲しいけれど一括で買えるほど現金はない」という庶民に支持され、活況を呈した。最盛期には丸井、緑屋、丸興、大丸百貨店が業界の大手4社として数えられていた。

産業の最近記事

  1. 米ヒューレットパッカード、日電など日本3社に超LSI64KビットRAMを大量注文。

  2. 本田技研工業が「ベンリイCD90」を発売

  3. 日産自動車が「レパード」を発売

  4. 本田技研工業が「バラード」を発売

  5. アルファ・ロメオ、日産との合弁生産車種は「パルサー」

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。