40年前の今日を旅する…フォーティ・イヤーズ・アゴーゴー

  1. 産業
  2. 14 view

自動車7社の社長会が、日米自動車摩擦問題で日本の立場をPR

性能の良い日本車にシェアを奪われた米国のGM、フォード、クライスラーの「ビッグスリー」。「日本は失業を輸出している」といった反発が全米自動車労働組合(UAW)や議会の対日強硬派議員の間で強まる中、トヨタ自動車工業、日産自動車、本田技研工業、三菱自動車工業、東洋工業、いすゞ自動車、富士重工業の対米自動車輸出7社の社長会は2日午前、都内のホテルで会合を開き、日米自動車摩擦問題について意見を交換。今後、米国で日本側の意見を広くPRしていくことを決めた。

産業の最近記事

  1. 米ヒューレットパッカード、日電など日本3社に超LSI64KビットRAMを大量注文。

  2. 本田技研工業が「ベンリイCD90」を発売

  3. 日産自動車が「レパード」を発売

  4. 本田技研工業が「バラード」を発売

  5. アルファ・ロメオ、日産との合弁生産車種は「パルサー」

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。